Taimatsu Blog

庭とサウンドシステムと日頃のあーだこーだ

2014年12月

さて富山も富山らしくなって参りました。

例年より早めのやつが空から、、

それがうっすら白いだけならいいんだけどしっかりと積もってしまって。

来たことある方ならご存知だろうがうちは公道に出るまで非常に距離が長い。仕方なくウチの納屋の奥深くに眠るアンティーク除雪機を発動しました。

2014-12-08-17-31-08


彼の名前はスノーファイター。
キーを回しても応答なし!

バッテリー&燃料切れ、燃料コックもきっちりご丁寧に締まってて動かすまでかなりの時間がかかったがエンジンのかかった時の嬉しさと言ったらありませんでした。

男冥利に尽きる。

そして最近は寒くてアフター5は外に出るのもおっくうなのでから友人から譲り受けたエレアコで遊んでます。

2014-12-13-20-40-39


たしか初めて興味を持ったのが小6ぐらいでギター雑誌の裏の方に載ってた激安エレキを買って基礎もへったくれもなく訳のわからないままいじくりまわしバンド活動に明け暮れた中学高校、その後も事あるごとには触っているが何となくしか上手くならない。。

たぶん俺の指が鈍臭いのだろう、小指曲げたら薬指も通り越して中指まで連動して曲がるありさまな。。

訓練でなんとかなるんかな??

でも音楽に大事なのはハートだと自分に言い聞かせながらこの方の演奏聞いて勉強しよう。



では

ここ最近、家族増員と引っ越しの為てんやわんやとしております。

プラス今からピークを迎えようとしているのが雪吊り。

2014-11-20-11-38-34


雪から樹木の保護するための庭師の知恵、青空にピンと張った縄のラインが冷たい空気と相まって心も引き締まる。

2014-11-27-10-14-40


ご先祖さまの周りもピシッとね。

日本伝統の美の感覚はやはりハイセンスだと思う。

一体誰がこんな粋な事を考えたのだろう?

んでそんな中今週は久々に高岡ダンス"Ragga Punch"にお邪魔です。

2014-12-02-21-14-31


ゲスト&ローカルアーティストも多数で寒さもぶっ飛びそうな一夜になりそう〜

音場はご無沙汰気味なので俺も思い切って行こう!

よし行ってこい!とのjahのお声が聞こえた様な気が。。

なんでこの俺に聞こえたかと言うと、、

忙しいといいつつマメにいい曲チェックしてるからです。



Jah Glory / Raging Fyah

ジャマイカのレイジング・ファイヤというバンド。

ボブを彷彿とさせるようなクラシカルなルーツサウンド&ポジティブメッセージがレゲエ好きの耳にはとても心地良くすんなりと入ってくるだろう。

ジャマイカのなんともいえない空気感さえ感じられるのはやはり生演奏だからだろう。

最近闇でバンドセッションもやってるのでお手本にしよう

では

このページのトップヘ